耳寄り情報

プレミアム付きお買物券

1.はじめに

 全国の市町村が相次いでプレミアム付きお買物券を発行しているのをご存知でしょうか。先日自宅に届いた区の広報紙の1面に、「お買物券発売!」の見出しがあり(こうとう区報6/11号)、なんと全国の多くの市町村で発行されているとのこと。その背景について調べてみました。


2.発行根拠

 昨年の年末に成立した「まち・ひと・しごと創生法」に基づく戦略のうちの財政支援策の一つで、交付金は、個人消費を下支えする「消費喚起・生活支援型」(総額2500億円)と、地方の活性化につなげる「地方創生型」(1700億円)の2種類で、「消費喚起・生活支援型」では、発行額よりもお得になるプレミアム付き商品券や、ふるさと名物商品券・旅行券などがあるとのことです。


3.発行市町村

 政府が平成26年度補正予算に計上した自治体向けの「地域住民生活等緊急支援交付金」の合計4200億円のうち、プレミアム付き買物券には1589億円が使われ、全国1788自治体のうち1739自治体で、全国の自治体の97%が実施ということになります


4.概要

 全国の主なプレミアム付き商品券は、額面1000円の商品券なら11〜12枚セットにして1万円で販売するケースが多いようです、我が家に届いた区報によると、江東区では1セット10,000円で13,000円のお買物券が購入できるということです。注意点は以下の通りです。

・  購入枚数/発売日/発売場所が限定されている
  (江東区では1人10セットまで購入が可能、発売場所は区民センター等)
・ 地域住民だけが購入できる場合が多い
・ 換金性の高いものは購入できない(切手・商品券 等)
・ 使用期限がある
・ おつりが出ない

 その他、発行総額・購入手続き(事前申し込みが必要な場合もある)・使用期限など運用の詳細は、各自治体で異なるようです。


5.おわりに

 江戸川区の飲食店に勤める夫が、プレミアム付きの買物券が出ているようだという話を以前からしておりましたが、商店街単位で発行されている商品券のことだと思いあまり気にしておりませんでした。ところがどっこい、全国規模でしかも「まち・ひと・しごと創生」という政府の戦略から発生した一大事業だと知りました。とにもかくにも、一消費者であり一主婦としては、プレミアム分を有効活用して家計に役立てていきたいと思っております。


                                     (坂本 幸恵)

前のページヘ戻る

HOME

前のページヘ戻る
前のページヘ戻る