相続・ファイナンシャルプランニング業務のご案内

相続を考える場合、その家族のライフプランを考慮しながら、作業を進める必要があります。
相続診断、相続設計により、相続に関する不安を取り除きます。
また、ファイナンシャル・プランニング業務の充実により、個人の生活設計の支援をします。

相続診断 相続が発生すると、自然発生的に、被相続人の持っている財産が相続人に移転します。 また、財産のみならず債務も自動的に引き継がれます。
さらに、相続人間の財産分けの取り組み、相続税の申告・納付など
大変な作業が待っています。まず、財産目録を作り、資産と負債を整理して、
相続税の税額を試算するところから始めます。これを、「相続診断」といいます。
相続設計 (1) 財産の分割を考える。
    ↓
(2) 相続税の納税の仕方を考える。(現金支払い、分割支払い、現物支払い)
    ↓
(3) 相続税をの支払いを、法の許す範囲で軽減する方法を考える。

※好ましい相続のあり方を考えるには、上記(1)(2)(3)の順に考える。
相続税申告書作成 相続が発生すると、10ヶ月以内に相続税の申告をする必要があります。
そのため、その10ヶ月の間に、相続人の特定、遺言書の有無の確認、
相続財産・借入金の調査などをしなければなりません。
さらに、遺産の分割が決定することにより、相続税の軽減措置が使えます。
これら、一連の手続きを経て、適正な申告を行います。
また、申告後の税務調査の立ち会い・不服申し立てなどの税務代理を行います。
ファイナンシャルプランニング 個人のライフ・プランの重要な要素となる資金計画作成の支援をします。
結婚・子供の教育・住宅取得・相続などのライフステージにおける、
お金の出入り について、個人の資金設計を考えるプロ、
ファイナンシャルプランナーとともに 生活設計を考えます。

相談については、相談受付ページをご覧下さい。

関連ページ